2017.09.12

乗って実感、「羊の皮を被った狼」。スカイラインGT-R(BCNR33)

CATEGORY: Any Car Life カーシェアDrive!

Anycaオーナーとクルマに同乗してインタビューする「カーシェアDrive」。

 

このコーナーを担当させていただくのは、自分ではとても買えないスポーツカーをAnycaでカーシェアしては、その車の面白さをオーナーさんと一緒に紹介しているユーチューバー、55ドライブのたかっかです。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

さて、記念すべき第1回としてチョイスさせていただいたお車は、日本の誇る名車「日産スカイラインGT-R」。

 

首都高湾岸線から大黒パーキングエリアを経由して、横羽線で戻ってくるというルートで、オーナーの今野さんからお話を伺いながらドライブを楽しんできました。

1.jpg

GT-Rが「もっとアクセルを踏んで!」と訴えかけてくる

 

この車の本気を試そうと思ったらサーキットに行くしかないことは重々承知していますが、一般道よりは高速の方が雰囲気を味わえるはず…ということで高速へ。

 

吸気系だけ少しチューンされているこちらの車、少しアクセルを踏み込めば力強いエンジンサウンドが心地よく響き、アクセルを戻すとターボ車特有の「プシュー」の音が聞こえます。

 

料金所から加速する時の一瞬ではありますが、GT-Rを加速させる時の気持ちよさの虜になってしまいました。

 

「R33はまさに羊の皮を被った狼。それが魅力で買いました。」

今回カーシェアしたのは、「第2世代GT-R」と呼ばれる中の2代目、R33型。

 

中古車市場ではR34やR32が人気ですが、今野さんにR33を選んだ理由を聞いてみました。

 

「いかにも『やるぞ!』という戦闘的なデザインではなく、ちょっと優しい顔つきじゃないですか。実はこれまで何度か手放すことも考えたんですけど、このデザインを見ると、乗り続けようという気になるんです。」

 

昔からGT-Rは「羊の皮を被った狼」と呼ばれてきましたが、たしかに「いかにもスポーツカー」という鋭い顔つきだったR32と比べると、R33は落ち着いた雰囲気。

 

何度も目にしてきた車ですが、あらためてオーナーさんにそう言われてみると、なんだかGT-Rに「安心して乗ってね」と言われてるような気がしてきます(笑)

 

GT-Rであることを意識させない乗りやすさ

11.jpg

いざ運転してみると、ビックリするほど乗りやすい。

 

10分ぐらい運転しただけで、今野さんからも「もう自分の車のように乗りこなしてますね!」と言っていただけました。

 

むしろ、後日自分のロードスターに乗った方がギクシャクしたぐらいで…(笑)

 

もちろんGT-Rはマニュアル車なので、マニュアル車に対する最低限の慣れは必要ですが、それさえあればなんの不安もなく乗ることができます。

 

これまで色々な車に乗ってきましたが、このGT-Rは慣れるまでの時間が本当に短かったです。

 

「スポーツカー、しかもGT-Rとなると、相当クセがあるんじゃないか…」と不安になる方もいらっしゃるとは思いますが、この車に関してはなんの心配もありません。

 

何度も手放すことを考えながら、20年乗ってきたGT-R

 

今野さんがこのGT-Rを購入したのは1998年。実に今から20年前のことです。

 

昔からGT-Rに憧れつつもなかなか手を出せず、最初のマイカーはトヨタ ソアラ、2台目が日産180SX。

 

一時はスープラやRX-7が欲しくなった時期もあったそうですが、中古の良い個体に出会い、念願叶ってGT-Rオーナーになることができたとのこと。

 

高性能スポーツカーだけに、燃費は悪いし維持にもお金がかかるし…というわけで何度か手放すことも考えられたそうです。

 

しかし、愛車の姿を見る度に「やっぱりカッコいいな~」と感じる上に、メンテを依頼しているディーラーのメカニックさんにも愛されている車だそうで、「どうか乗り続けて下さい!」と言われる内に20年経っていたそうです。

 

「GT-Rを乗りに来るような人なら、腕とマナーは信じてます。」

 

徐々に数も少なくなってきた貴重なGT-R、しかも20年も共に過ごしてきた愛車をAnycaでシェアすることに不安はないのでしょうか?

 

その答えは、「特に心配はしていません。」とのこと…!

 

「GT-Rに乗りに来るような方は、この車がどんな車かは当然ご存知ですし、相応の運転技術もお持ちです。そういう方が、そんなおかしな走り方をするとは思っていません。」

 

これまで20~30代の若い男性を中心に4回ほどシェアされて、シェアする上でのトラブルも、車にまつわるトラブルも起きていないそうです。

 

でも、「その気がなくてもすぐスピードが出ちゃう車なので、スピード違反だけは気を付けて欲しいですね(笑)」とのこと。

 

「『楽しくドライブできました!』と言ってもらえることが嬉しいです」

111.jpg

今野さんはこのGT-Rを東京都の大森でシェアされているので、シェアされた方も箱根方面に向かう方が多いようです。

 

乗って帰ってきた方は、皆さん例外なく笑顔で「楽しかったです!」と話されるそう。

Anycaでシェアすることで、愛車が自分以外の人も喜ばせてくれることが嬉しいんだとか。

最後に、今野さんからこのGT-Rをカーシェアしようと考えている方へのメッセージです:

 

「時代の流れとは対極にあるこの車の楽しさ、お借りいただいたからには存分に味わって欲しいですね!」

 

それでは、次回も素敵な車でお会いしましょう!

06a28653-6eef-340e-8036-9f0729579855.jpg

SKYLINE

GT-R

NISSAN 1997

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「S1997BCNR33」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「S1997BCNR33」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ
YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。
https://www.youtube.com/c/55driveInfo 
 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。

◀前の記事
◀前の記事
2017.09.12
「ミニマリスト」であることを知った男はシェアをする-Anycaオーナー関山の価値観-
次の記事▶
次の記事▶
2017.09.12
シェア数上位のオーナーが語るシェアされやすいクルマの選び方、安い駐車場の見つけ方