2015.09.08

Anycaオーナーが問い合わせを増やすための5つのコツ

CATEGORY: ノウハウ

 

Anycaオーナー向けに、問い合わせが増えるコツを初級編として5つ紹介します。
まずは是非これらのコツを実践し、Anyca(エニカ)でのシェアを楽しみましょう!

 

 

① わかりやすく、クルマ全体がわかる写真を10枚程度は掲載

 

まず最初にドライバーが確認するのがクルマの写真です。
1,2枚のクルマの写真だけだと、どうしても不安になってしまいます。
チェックポイントを参考に、リクエストの集めやすい写真を登録しましょう!

 

(補足) プロカメラマンによる写真撮影会実施中!

 

Anycaではプロカメラマンによる無料の写真撮影を定期的に実施しております!(現在、東京都中心)
わずか30分程度の写真撮影に来ていただくだけで、ぐっと魅力的な写真を登録できますので、是非ご参加ください!
またそういったクルマはAnycaのStaff Recommendにも優先的に掲載される機会が増えます!
※撮影会情報は随時、こちらに更新予定です

 

 

(補足) アップロード頂いたクルマ写真のナンバープレートは自動的に消去されます!

ナンバープレートを自動で消去する機能が入っているため、オーナーご自身で事前にナンバープレートを加工して消去して頂く必要はありません!

 

 

② クルマの紹介文を充実させ、「ならではのポイント」をアピール

 

クルマの紹介文もドライバーさんが問い合わせ前に必ず読むポイントです。
一言コメントだけだと、ドライバーは「何も書いてなくてわからないから不安・・・」とリクエストを躊躇ってしまいます。

是非以下の参考例のポイントを盛り込んだ上で、「ならではのポイント」も少しアピールしましょう!

(クルマ紹介文を書く際のオススメ項目・ポイント)
  (1) クルマについて

  ・クルマの特徴やこだわりのポイント、装備類など写真だけでは伝わりにくい部分をアピール

  (2) 受け渡し・返却場所について
 
・明記しておくと親切!さらに、近隣の駅での受け渡しなどをアピールすると、問い合わせUPに繋がります

  (3) 受け渡し可能時間(大まかな目安)
  ・日々のカレンダー更新と合わせて、大まかな受け渡し可能日時を書いておくと、コミュニケーションが楽になります

  (4) その他注意事項
  ・利用に当たっての注意点や、ドライバー条件などがあれば、わかりやすく明記しておきましょう

 

 

③ プロフィールページで、安心して問い合わせ出来るオーナーであることをアピール

 

ドライバーはクルマに興味を持つと、「このオーナーはどんな人だろう?良い人かな?」と知りたくなります。その際、是非「顔写真」や人となりが伝わる「自己紹介文」があると、予約リクエストのひと押しに繋がります。

是非プロフィール写真の良い例/悪い例を参考に、安心感に繋がるプロフィールページ作りをしましょう!

 


④ 使用料を最初は「リーズナブル」に設定してみる

 

使用料はクルマごとに設定できる上限使用料範囲内であれば、いつでも変更可能です。
そのため、最初は気持ち「リーズナブル」に設定をして、予約リクエスト・問い合わせを待ってみましょう。
もし予約リクエスト・問い合わせが多く来るようであれば、使用料を上げてみるのがオススメです。

 

 

⑤ 問い合わせ・予約リクエストの返答率・承認率を意識

 

Anycaではオーナーごとの過去の返答率・承認率を表示しています。
あまりに低いと、どうしても問い合わせを躊躇してしまうケースが出てくるため、以下の2つの設定をすることで、無駄な返答率・承認率の低下をなくしましょう!

 

(A) スマートフォンで、Anycaアプリのプッシュ通知を「ON」にしておく
 

プッシュ通知を「ON」にしておくことで、予約リクエストや問い合わせが来た時に、簡単に気づくことができます。プッシュ通知が「OFF」になっている場合は、今すぐ「ON」に設定しましょう!

 

 

(B) 「シェアNGな日」はアプリ内であらかじめ設定しておく
 

Anycaでは「シェアNGな日」を設定することで、
シェアできない日はあらかじめ、以下の手順で「シェアNG」と設定できます。
定期的に以下の操作でカレンダーを更新しましょう!

 

ログインしたら左下のメニューボタンをタップ

 

「クルマ管理」をタップ

 

設定するクルマの写真をタップ


右上の「編集」ボタンをタップ

 

クルマ情報の編集ページの最下部にある「シェアできない日を設定」をタップ


シェアできない日をタップして、✕に変更。

「シェアNG」にしておくことで、その日の予約リクエストはドライバーから送信出来ないようになります。

 

 

以上になります。

是非、これらの問い合わせが増えるコツを実践し、Anyca(エニカ)でのシェアを楽しみましょう!

◀前の記事
◀前の記事
2015.09.08
【入門編】安全・安心にシェアするコツ Part.1
次の記事▶
次の記事▶
2015.09.07
【入門編】安全・安心にシェアするコツ Part.1