2015.09.08

Anycaオーナーが問い合わせを増やすための5つのコツ

CATEGORY: ノウハウ

Anycaオーナー向けに、問い合わせが増えるコツを初級編として5つ紹介します。

 

 

① わかりやすく、クルマ全体がわかる写真を10枚程度は掲載

 

まず最初にドライバーが確認するのがクルマの写真です。
1,2枚のクルマの写真だけだと、どうしても不安になってしまいます。
チェックポイントを参考に、リクエストの集めやすい写真を登録しましょう!

なお、 アップロード頂いたクルマ写真のナンバープレートは自動的に消去されます!
オーナーご自身で事前にナンバープレートを加工して消去して頂く必要はありません。

チェックポイント.png

 

 プロカメラマンによる写真撮影会も実施中!

 

Anycaではプロカメラマンによる無料の写真撮影を定期的に実施しております!
わずか20分程度の写真撮影に来ていただくだけで、ぐっと魅力的な写真を登録できますので、是非ご参加ください!

▲以前撮影したBMW Z4

▲以前撮影したBMW Z4

イベント参加者には外装、内装含め計100枚くらいの写真を撮りその中のもっとも良い写真を厳選し20枚を差し上げます。
当日はAnyca運営スタッフもおりますので、その場でシェアに関する疑問・質問・相談等も気軽に受け付けております。

撮影会2.png

参加された方は「自分でもクルマをこんなしっかり撮った事ない」「やっぱりプロは違う!」と多くの声を頂いています!興味ある方は無料で行っていますので是非ご参加くださいませ!

 

② クルマの紹介文を充実させ、「ならではのポイント」をアピール

 

クルマの紹介文は、ドライバーが問い合わせ前に必ず読みます。
一言コメントだけだと、ドライバーは「よくわからないから不安・・・」とリクエストをやめてしまうかも。。

クルマ紹介文を書くときのポイントをご紹介します。

02-01 (1).png

 

■クルマ紹介文を書く際のオススメ項目・ポイント■

 

  (1) アピール文について
  クルマの特徴やこだわりのポイント、装備類など写真だけでは伝わりにくい部分をアピールしましょう。

 

  (2) 特徴や魅力の詳細
カーシェアを行う上であなた独自で工夫している点や、クルマの魅力をコンパクトに伝えましょう。

・クルマ自体の特徴

・期間や回数限定の割引キャンペーン

・融通を効かせた受け渡しポリシーなど

 

  (3) 装備やスペックの詳細
 クルマの装備・スペックや整備状況など、クルマに関する詳細情報を記載しましょう。

・カーナビやスタッドレスなど、クルマに関する詳細情報

・エンジン/燃料系や駆動系など、幅広いスペック情報

・その他、チャイルドシートやルーフラックなど、付属品の詳細情報など

 

  (4) カーシェアにおける注意点
 受渡/返却時の対応ルールや事故/トラブル時の賠償に対する考え方など、カーシェアを行う上で重要な注意点について記載しましょう。

・受渡ルールなど、ドライバーに伝えておくとスムーズな注意点

・万が一のトラブル等に備えた決め事

・保険で補填されない事案に関する決め事など

 

 (5) その他注意事項
その他、ドライバーと事前に合意/確認しておきたい内容があれば記載をしましょう。

特に、トラブルに備えた記載は事前にしっかりと記載して頂いた方が、トラブルを予防し、万一の際もスムーズな解決につながります。

 

実際のクルマの記入例について

クルマの管理 > クルマ情報編集 > クルマの紹介文 > 「実際のクルマの記入例を見る」をタップすると人気オーナーさんの紹介文の例が閲覧できます。

紹介文の記入に迷った場合に、実際にシェア回数が多いオーナーさんの紹介文を参考にする事をオススメします。

実際のクルマの記入例.png

 

③ プロフィールページで、安心して問い合わせ出来るオーナーであることをアピール

 

ドライバーはクルマに興味を持つと、「このオーナーはどんな人だろう?良い人かな?」と知りたくなります。その際、「顔写真」や人となりが伝わる「自己紹介文」があると、予約リクエストが入りやすくなります。

プロフィール写真の良い例/悪い例を参考に、安心感につながるプロフィールページにしましょう!

 


④ 使用料を最初は「リーズナブル」に設定してみる

 

使用料はクルマごとに設定できる上限使用料範囲内であれば、いつでも変更可能です。
そのため、最初は「リーズナブル」に設定をして、予約リクエスト・問い合わせを待ってみましょう。
もし予約リクエスト・問い合わせが多く来るようであれば、使用料を上げてみるのがオススメです。

 

 

⑤ 問い合わせ・予約リクエストの返答率・承認率を意識

 

Anycaではオーナーごとの過去の返答率・承認率を表示しています。
これが低いと、問い合わせ数も少なくなります。以下の2つの設定をすることで、無駄な返答率・承認率の低下をなくしましょう!

 

(A) スマートフォンで、Anycaアプリのプッシュ通知を「ON」にしておく
 

プッシュ通知を「ON」にしておくことで、予約リクエストや問い合わせが来た時に、簡単に気づくことができます。プッシュ通知が「OFF」になっている場合は、今すぐ「ON」に設定しましょう。

 

 

(B) 「シェアNGな日」はアプリ内であらかじめ設定しておく
 

Anycaでは「シェアNGな日」を設定することで、
シェアできない日はあらかじめ、以下の手順で「シェアNG」と設定できます。
定期的に以下の操作でカレンダーを更新しましょう。

 

ログインしたら右下の「・・・」(メニューボタン)をタップし「クルマの管理」をタップ

クルマの管理タップ.png

設定するクルマの「カレンダー入力」をタップ

カレンダー入力タップ.png

 

シェアできない日をタップして、✕に変更。

「シェアNG」にしておくことで、その日の予約リクエストはドライバーから送信出来ないようになります。

日付タップ.png

 

その他クルマシェアUPの為にやっておきたい3つの事

 

①フリーデリバリーの登録

フリーデリバリーとは、メインの受渡場所以外の駅や空港などを登録できる機能です。

実際フリーデリバリー5地点設定しているクルマは、設定をしていないクルマに比べて5倍ほどシェアが入っているというデータもあります。

利用者の多い人気エリアやターミナル駅を指定すると予約リクエスト数が向上します。

 

②受渡場所・時間に関する説明文の記入

クルマの紹介文のほかに受渡場所・時間に関する説明文についての設定ができます。

・平日(休日)は何時~何時まで、どこで受け渡し可能なことが多いです。
・◯◯の沿線であれば、車をお持ちします。
・クルマで来た場合は、自宅駐車場を使っていただいて構いません。
 

③アピール機能の活用

アピール機能とはシェアが入っていない期間について、ドライバーに対していまだけのアピールが可能です。月に3回まで、連続で最長7日分のアピール投稿ができます。

※月1回割引も設定ができます。

積極的にシェアしたい期間を指定してアピールしましょう!

 

これらの問い合わせが増えるコツを実践し、Anyca(エニカ)でのシェアを楽しみましょう!

◀前の記事
◀前の記事
2015.09.08
【入門編】安全・安心にシェアするコツ Part.1
次の記事▶
次の記事▶
2015.09.07
【入門編】安全・安心にシェアするコツ Part.1