2015.09.07

【入門編】安全・安心にシェアするコツ Part.1

CATEGORY: ノウハウ

 

【内容まとめ】

1. 問い合わせが来たらすぐに返事を返そう!

2. ドライバーさんへの責任を全うし、キャンセルは極力避けよう

3. アプリ上でこまめに連絡のやりとりをしよう!

4. 受け渡しの際にはガソリン満タンを心がけよう!

5.本人確認をお忘れなく!

6. 運転するにあたって”気をつけるべきポイント”を教えてあげよう!

7. 返却時にまずチェックするべきこと!

 

1. 問い合わせが来たらすぐに返事を返そう!

問い合わせが来て、返事を返した頃には他のクルマをシェアすることになっていた・・・なんてことにならないように、問い合わせが来たらなるべく早めに返信しましょう!そしてその際に相手がどのような応答・対応をとってくれるか過去の実績と合わせて確認しよう!

  1. どれくらいの速さで返信してくれるか。

  2. 質問に対する返答は適切で、プロフェッショナルな(ビジネスマナーがなっている)対応かどうか

  3. 過去のレビューを見て今までの実績を見る

受け渡し場所・時間と利用日時のすり合わせが完了次第、予約リクエストを承認しましょう!

 

2. ドライバーさんへの責任を全うし、キャンセルは極力避けよう!

予約が承認されたからには、ドライバーさんは当日あなたのクルマに乗れることを楽しみにしています。それを決して忘れませんように。キャンセルをするとドライバーさんに多大な迷惑を及ぼします。ただ、予期せぬことが起こってどうしても首が回らないこともあるのも事実。そのような「酌量すべき事情」の場合は例外ですが、なるべくキャンセルがないよう心がけましょう!

 

3. アプリ上でこまめに連絡のやりとりをしよう!

受渡日の前日、もしくは当日にドライバーさんにリマインドの連絡を送り、当日の時間・場所を再確認しましょう!その際に自分の特徴や着ている服など、待ち合わせの際に目印になるようなことを一言付け加えてあげるとよりイイですね!

 

4. 受け渡しの際にはガソリン満タンを心がけよう!

自分が所有しているクルマで「利用分のガソリン」を給油しようと思っても、なかなか難しい。ましてや初めて乗る人にそれをやってもらうのは至難の業です。返却時に一メモリ分少ない!なんてことにならないように満タン渡し、満タン返しを心がけましょう!

 

5.本人確認をお忘れなく!

いざ、受け渡しの時!ドライバーさんの免許証を提示していただき本人確認をお忘れなく!

免許証で本人確認をするだけでなく、予約リクエストを送った本人であるということを確認するために、予約リクエスト完了時にサービスからのお知らせとして送付される【保険申込の完了通知】を確認するとさらに安心ですね!

 

6. 運転するにあたって"気をつけるべきポイント"を教えてあげよう!

受け渡しと返却時には必ずドライバーさんと一緒にクルマの周りを一周しながら傷の確認をしましょう。その際に、運転時に注意するべきポイントなどを教えてあげるといいですね。

例えば車高の低い車の場合はちょっとした段差で下を擦ってしまったり、タイヤ止めにマフラーが当たってしまったりするので、特に初めて乗るクルマの場合は必ず聞くようにするとお互い安心してシェアすることができます!

その際に運転のポイントだけでなく、クルマの使用方法に関しても説明してあげると親切ですね!特に下記の項目に関しては使用するタイミングまで意識することがあまりないので、直前であたふたしないためにも事前に教えてあげると親切ですね!

  1. ETCカードの差込口はどこ?

  2. ミラーを畳むにはどうしたら良い?

  3. (立体駐車場であたふたしないために)

  4. ナビの使い方は?

  5. (使用しているナビによっては操作が複雑なものも)

  6. 近くのガソリンスタンドの場所はどこ?

  7. (クルマの使用方法とは関係ありませんが、返却時にスムーズな引き渡しをするために)

ひと通り説明が終了したら、笑顔で手を振り送り「いってらっしゃい」と送り出してあげましょう!

 

7. 返却時にまずチェックするべきこと!

  1. 車体の傷はないか?

  2. 手順は受け取りの際と同じですが、返却が夜になる場合などはなるべく明るい場所で確認するとお互い安心ですね!

  3. ガソリンはしっかり給油されているか?

  4. 悪気なく給油し忘れてしまっているケースも有り得ますので、念のためエンジンを掛けて確認しましょう!

  5. ETCカードの抜き忘れはないか?

  6. 忘れ物の確認をする際に、ETCカードもチェックしてあげるといいですね!実際、結構な確率で忘れますので(笑)

上記を確認後、カギを受け取り、いよいよお別れの時。これっきりの関係ではなく、これからもシェアを通じて、”見ず知らずの人”から”共同オーナー”となったドライバーさんとの新しいカーライフをお楽しみください!

 

以上の注意点に気を配りながらドライバーさんからやりとりを行ってみてください!

さぁ、新しいカーシェアサービスの始まりです!

◀前の記事
◀前の記事
2015.09.08
Anycaオーナーが問い合わせを増やすための5つのコツ
次の記事▶
次の記事▶
2015.09.06
Anycaオーナーになるための登録方法・注意点