2017.10.13

クルマのシェアだけでなく、人と人とのコミュニケーションが楽しめるカーシェア

CATEGORY: Any Car Life The SHARE way of life
2.png

AnycaにはAnyca♡(ハート)で見られるような、心温まるエピソードがあります。その中でも、レビューでよく見かけるのがお土産をもらったエピソード。

 

今回、そんなお土産エピソードをお聞きしたのは、リピート利用をしているドライバー佐藤さんとオーナー吉澤さん。

オーナーの吉澤さんのクルマは人気で、ドライバーの佐藤さんが予約しようとしても、予約がいっぱいなことも多いそう。

人気オーナーの秘訣、Anycaを使う時にはお土産を送るドライバーのお気持ちを聞いてきました。

 

お土産はワイロのようなモノです(笑)

実家への帰省や、旅行の際にAnycaを使っているというドライバー佐藤さん。これまで、鯛せんべい、ピーナッツ甘納豆、瓦せんべいなどを吉澤さんに送ったことがあるそうだ。

 

お土産を送ることになった理由は?

 

ドライバー(佐藤)「“Anycaオーナーさんにお土産を買ったらいいんじゃない?”って、最初は妻の一言だったたんです。それが今では定番になりました。よく考えるとレンタカーだと3万円の所をAnycaを利用することで2万円で済んでいるんです。この余ったお金を自分だけじゃなくて、オーナーさんにも還元したほうが記憶にも残ってくれるし、次もシェアやすくなると思うんです。

 

1回シェアしてもらって終わりじゃないし、「次回もよろしくお願いします」って、お土産はワイロを送るようなもんです(笑)」

 

ワイロって語感は悪いですが、気持ちの表現としてお土産が役に立っているんですね。

 

お土産をもらうとオーナーとしてもうれしいのでは?

 

オーナー(吉澤)「お金をもらってシェアしているのに、自腹でお土産まで買って来て頂けて感動ですよね。 自分もドライバーとしてクルマを利用する時には利用金額以上の体験をオーナーに提供したいと思っています。」

 

善意は人に伝わるものですね。

 

同じエリアでマイカーを持つ吉澤さんとカーシェアを上手に活用する佐藤さん。
カーシェアでも生活できるエリアで吉澤さんがマイカーを持つ理由は?

 

 

維持費はかかるが、クルマは持ちたい。だから、シェアをする

Anycaのイベントでもらったシールをクルマに貼っている

Anycaのイベントでもらったシールをクルマに貼っている

オーナー(吉澤)「駐車場代が月額15,000円、保険・車検で年間20~30万はかかります。維持費はかかりますが、クルマを持ちたいという昭和のステータス感はあるんですよね。だから、シェアをしながら車を持つ。実際、年間の保険と駐車場代ぐらいはまかなえていると思います。また、それだけではなく佐藤さん含めていろいろな方との出会いもカーシェアの魅力ですね。

 

吉澤さんのクルマは小岩で受け渡しをしているが、わざわざ新宿や練馬から来るドライバーもいるとか。人気のクルマになる秘訣があるのだろうか?

 

 

いろいろな人の紹介文は参考にしました。

オーナー(吉澤)「写真と値段と紹介文でシェア数は変わると思います。平日2,500円にした時は練馬からわざわざシェアしに来た人もいました。でも、そういうのは続けられないのでやっぱり紹介文ですね。一度いい紹介文を作ると、その後はそのままでも予約は入り続けます。

 

ランキング上位の自己紹介文や「【Anyca公認アンバサダーブログ】シェア数No.1オーナーが心がけるクルマ紹介文の書き方 とは?」も参考にして、いいところだけじゃなくて、自虐的な部分も入れてみました。」

 

 

確かに、吉澤さんの紹介文にはSNS投稿キャンペーンが含まれているなど、様々な工夫が見られる。ノウハウが詰めこまれた、吉澤さんの紹介文はオーナーの参考になりそうだ。

 

 

紹介文をよく読むと、装備やルールだけでなく、オーナーの温かさが感じられる。そこが、ドライバーにも伝わるのではないか。

 

ドライバーの佐藤さんもAnycaを血の通ったサービスと言う。

 

 

Anycaは血が通っている

 

ドライバー(佐藤)「カーシェアやレンタカーは今までも使ってきましたが、少し無機質な部分があるように感じています。仕事っぽいというか。それに比べて、Anycaは血が通っている。相手の顔も見えて、感覚はご近所づきあいの延長かな。
シェア料金が安いのも魅力ですが、クルマだけじゃなくて人のつながりや気遣いも感じられるサービス。お土産もその延長だと思っています。

 

こういうの当たり前にしたいですね、この“楽しさ”がもっと広がるといいと思います」

 

Anycaはドライバーとオーナーお互いの交流によって成立している。

 

ドライバーへのホスティングを意識するオーナーがいて、お土産を持ってくるドライバーがいる。このシェアリングエコノミーの世界観を体験してみては?

え.jpg
633c74de-9913-38e7-baf7-39c33d10fc80.jpg

GOLF VARIANT

VOLKSWAGEN 2012

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「noanycanolife」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「noanycanolife」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります。

◀前の記事
◀前の記事
2017.10.18
「愛車がシェア中に事故に遭った。でも僕はシェアをやめない」真っ赤なBMWZ4をAnyca(エニカ)でシェアし、トラブルを乗り越えたオーナー
次の記事▶
次の記事▶
2017.10.12
4人でも快適なスポーツカー!RX-8の最終限定モデル・スピリットR