2017.02.28

【重要なご案内】2017年4月からの保険改定について

CATEGORY:

2017年4月1日以降、東京海上日動火災保険株式会社の「1日自動車保険」の保険内容が改定されます。以下に改定内容の概要をまとめておりますが、詳細を確認したい方は重要事項説明約款(PDF)をご確認下さい。
※改定内容は、カーシェア開始日時が2017年4月1日以降のカーシェアから適用されます

 

改定内容は、これまでも多くのご希望をいただいていた、補償期間の24時間化・免責金額の減額・複数人ドライバーによる保険加入に対応した内容となっておりますので、ご確認の上、是非カーシェア利用をお願い致します!

■ 保険料金の変更

1日 (24時間) あたりの保険料が、1,500円から1,800円に変更となります。なお、被保険者を追加する場合には追加で900円/日の保険料が必要となります。
1日当りの保険料は上がりますが、後述の通り、より割安感のある内容となっておりますので、ご確認下さい。

 

■ 補償期間の24時間化

保険加入の単位が、これまで日付単位 (00:00~23:59) だったのが 24時間単位 (カーシェア開始日時から24時間換算) に変更になります。以下の具体例にありますよう、日跨ぎのカーシェアの際に以前より割安な仕組みとなっております。

・具体例:夕方5時から翌日の夕方5時までのカーシェアの保険料
 − 今まで:3,000円 (1,500円 ✕ 2日分)
 − 改定後:1,800円 (1,800円 ✕ 1日分)


交通渋滞などで返却が遅れてしまう場合など、無保険状態でのカーシェアが起こりやすくなることを考慮し、Anycaアプリ上で保険のみ追加延長加入できる機能も合わせてリリース致します。

 

■ 被保険者 (ドライバー) の複数人設定に対応

これまではカーシェア予約をしたドライバーのみが被保険者となるため、予約した方以外の運転をAnycaでは禁止させて頂いておりましたが、今回の改定により追加保険料(900円/日)をお支払頂くことで最大3名まで被保険者を追加することが出来ます。
※追加で加入頂く被保険者もAnycaでのドライバー登録を完了している必要があります

 

交代運転ができると、カーシェアしたクルマの魅力をご友人と一緒に共有したり、疲れる長距離ドライブもお楽しみいただけると思います。

 

■ 免責額の減額

クルマの運転中の事故によりクルマに損害が生じた場合、被保険者の免責金額があります。これまでは1件当り15万円でしたが、変更後は10万円となります。
万が一の際のドライバーの負担が減少されます。Anycaでは、より多くの方々に、クルマの魅力を体験していただく機会を提供できればと考えております。
 

■ 対物超過修理費用等補償特約、弁護士費用補償特約の追加

今回の改定により対物超過修理費用補償特約が追加されましたので、事故の相手方のクルマの修理費用が時価額を上回る際も追加で補償がなされるようになりました。
また、事故相手との示談交渉にあたって弁護士を依頼した場合の費用を補償する、弁護士費用等補償特約(上限300万円)も追加となります。

 

 

以上が今回の変更内容となります。詳細は、重要事項説明書・約款もご確認ください。
Anycaでは、カーシェアを通してクルマの魅力を体験していただけるよう取り組んでまいります。引き続きAnycaをよろしくお願いいたします。

次の記事▶
次の記事▶
2017.01.26
【Anyca公認アンバサダーブログ】シェア数No.1オーナーが心がけるクルマ紹介文の書き方 とは?