2018.04.19

川崎発の房総半島ドライブを最新スポーツカーで! スバルWRX STI

CATEGORY: カーシェアDrive! Anycaクルマ紹介 Any Car Life
1.jpg

 

「カーシェアDrive」第16回は、スバルWRX STI。

 

中には「なんだその車?」と感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、かつて人気を博したインプレッサWRX STIの後継車種です。

 

ラリーで勝つために進化を続け、ぱっと見はスタイリッシュな4ドアセダン。しかしその心臓部には308馬力を発揮する伝統のEJ20ターボエンジン。

 

今回紹介するのはそんなWRX STIの上級モデルであるタイプS、2017年式のD型です。

 

ドライバーとしてAnycaを利用していたので、特に不安もなくオーナー登録

 

このWRX STIはオーナーのコウキさんにとって初のマイカー。

21歳にして、いきなり車両本体価格400万円を超える高価な車をお買い上げというのもすごいですが、なんと納車当日にAnycaに登録したそうです。

 

実はコウキさんは、Anycaをドライバーとして10回近く利用していました。

 

免許取得から1年しか経っていないにもかかわらず、GT-RやメルセデスベンツEクラスといった高級車を快くシェアしてくれるオーナーさん達に接していく中で、「これなら大丈夫だ」と感じたそうです。

 

そしてコウキさん自身もドライバーとして利用するときはかなり気を遣って運転しているので、「他人の車を手荒に扱うなんて、よっぽどの度胸がないとできませんよ(笑)」とおっしゃっていました。

 

3ヶ月でシェア8回。走行距離は5000kmを突破。

2.jpg

話題の最新スポーツカーということで、登録から3ヶ月でシェア回数は8回と、なかなかのハイペース。

 

すでに走行距離も5000kmを超えていて、ご自分で乗った分よりもシェアされた際の走行距離の方が長いぐらいなんだそうです。

 

 

これまで利用された方は皆さん車好きの20代。

スポーツカーに乗り慣れている方が中心でしたが、中には初心者の方もいたそうです。

 

しかし、コウキさん自身が運転初心者で、問題なく運転できている車なので、他の初心者の人だって大丈夫、というスタンス。

 

実際、これまでノートラブルだそうです。

 

「初心者は速い車に乗るな」という風潮に異議あり!

 

初のマイカーとしてはかなりの高性能車であるWRX STI。

 

昔から車が好きで、「どうせ買うなら速くてカッコいい車がいい!」と思い、他の候補車にはランサーエボリューション10や、メルセデスベンツA45AMGを挙げていたとのこと。

 

しかしランエボはもう絶版で、中古車にはプレミア価格がついていました。さらにA45AMGはさすがに予算オーバー。

 

もう少し予算を抑えた車がいいかな…と思いながらも、試乗したら一目惚れ。

その後、気付いたら家にWRX STIがあったそうです(笑)

 

世の中には、「初心者はいきなり速い車に乗らない方がいい」という声もありますが、初心者代表としてこの車に乗り、若い方にもシェアすることで、「初心者が速い車に乗ったって大丈夫」とアピールしたいんだとか。

 

高性能車といえども、今どきの車なので運転は難しくない

 

コウキさんのWRX STIは上級グレードのタイプSということで、かなりハイスペック。

 

・308馬力を発揮する2L水平対向ターボエンジン

・ビルシュタイン製サスペンション

・ブレンボ製ブレーキシステム

・強化クラッチ

・TRUST製マフラー…などなど。

 

特に「強化クラッチ」と聞くと、クラッチを繋ぐのが難しそうでエンストが心配になってくるんですが、標準装備が強化クラッチとのことで、そこまでシビアなものではありません。受け渡してから見送るときに1回くらいエンストするのは日常茶飯事だそうですが、ほとんどの方はそこでコツを掴んで走れるそうです。

 

また、乗り味が固いと言われがちなビルシュタイン製サスペンションも、言われなければビルシュタインと思わないぐらい程度の固さ。ブレーキもよく効きますが、扱いにくさはありません。

 

マニュアル車を普通に運転できる人であれば、特に困ることはないでしょう。

 

箱根でも千葉でも、気軽に楽しんで欲しい

3.jpg

オーナーさん自身も初心者で、20代の方が中心にシェア利用しているこちらのWRX STI。

 

受渡場所は川崎なので、アクアラインを渡ればすぐ千葉に行けますし、東名高速にも行きやすいので伊豆・箱根方面へのドライブもしやすいです。

 

意外にも、ターンパイクよりも少しタイトな椿ラインあたりの峠道を走るのが楽しいそうなので、気になる方はぜひ乗ってみて下さい。

 

それでは、次回も素敵な車でお会いしましょう!

3.jpg

WRX STI

SUBARU 2017

 Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「 Akakoki0805 」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります

Anycaオーナーに興味をもたれた方はこちら。招待コード「Akakoki0805」を入力してオーナー登録を完了すると、クルマ登録後1ヶ月間のプラットフォーム手数料が無料になります

 

 

<<ライター紹介>>

たかっか@55ドライブ

YouTubeチャンネルとブログで「55ドライブ」を運営。

https://www.youtube.com/c/55driveInfo

 

「ゆっくりでも楽しいドライブ」を追い求め、有名なドライブコースから酷道に至るまで、愛車のユーノスロードスターで全国各地を走り回り、動画や記事にして紹介しています。

物心ついた時から車好きだったのに、6年間のペーパードライバー歴も持ち合わせるという異色の車好き。

◀前の記事
◀前の記事
2018.04.26
開放感サイコー!オープンカーデートで彼氏に惚れ直した話
次の記事▶
次の記事▶
2018.04.13
Anyca初心者オーナー必見!人気が出るクルマ紹介文、熱血講義